世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ナパ・ソノマで現代史上最悪の山火事、焼失したワイナリーも

ナパ・ソノマで現代史上最悪の山火事、焼失したワイナリーも

  • FREE

 カリフォルニア州のナパカウンティで8日夜、山火事が発生し、ナパ、ソノマ、メンドシーノに拡大し、死者が少なくとも10人、住宅や商店など1500棟以上が焼ける大規模災害となっている。カリフォルニア州のブラウン知事は、現代史で最悪の山火事に対して、ナパ、ソノマ、ユバカウンティに対して非常事態宣言を出し、ヘリコプターによる空と陸からの消火活動を行っているが、人員と機材が対応しきれていない。避難住民は2万人を超え、鎮火のめどは10日現在、まだたっていない。
 サンフランシスコ・クロニクルによると、炎は風速100キロを超す強風にあおられ、一時は300メートルの高さまで上がった。ノースベイの2万6000ヘクタール以上に広がっている。少なくとも、ソノマで7人、ナパで2人、メンドシーノで1人の死亡が確認された。
 火災が最もひどいのは、アンティノリやコングスガードのワイナリーがあるアトラス・ピークで、この土地では2人が死亡した。シルバラード・トレイル沿いのシニョネッロ・エステートは建物が焼け落ちた。近くのスタッグスリープ・ワイナリーも焼け、チムニー・ロック、ウィリアム・ヒル、ダリウッシュなどにも火災の危機が及んでいる。チムニー・ロックは夜間収穫中で、作業員が避難した。
 ソノマカウンティのサンタ・ローザの火災も規模が大きく、ハイウェイ101をまたいで広がり、ヘリコプターがハイウェイの車からドライバーらを救出した。ワイナリー訪問客がよく滞在するヒルトン・ソノマ・ワイン・カントリー・ホテルは焼け落ちた。カーネロス、グレン・エレン、カリストガでも小規模な火災が発生している。
 山火事の煙はベイエリア一帯に広がっている。リッジ・ヴィンヤードはサンパブロ湾をまたいで160キロも離れたシリコン・ヴァレーの近くにあるが、火災発生から一夜明けた9日朝でも煙の臭いがたちこめていたという。現地に滞在して収獲中の醸造家、黒川信治・大塚食品ワイン部部長は「9日朝から煙い状態でしたので、本日の収穫を取りやめました。ちょうど、糖度待ちのタイミングでしたので、今週は収穫を控える事になりそうです」と語った。
 ブドウの煙を浴びたブドウは「Smoke taint」を帯び、ワインに焦げ、バーベキュー、灰皿、ベーコンなどの香りが現れる。これまでも、リトライ、マーカッサンなどの有名ワイナリーが煙害のヴィンテージを仕込まなかったことがある。今回は被災範囲が大規模なため、ワインへの影響が懸念される。

Facebook Donald Patz
Facebook Donald Patz

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP