世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. WSETディプロマ2017、日本から12人が合格

WSETディプロマ2017、日本から12人が合格

  • FREE

 ロンドンに本部を置く世界最大のワイン教育機関「Wine and Spirits Education Trust」(WSET)は22日、ロンドンで受賞と卒業のセレモニーを開いた。 2016/17年は英米、中国、日本など世界から440人のWSET Diplomaが誕生し、日本からは12人が合格した。
 WSETのディプロマは4段階ある認定資格の最上位で、ワインとスピリッツに関する栽培、醸造、マーケティングなどの専門知識、評価能力が求められる。ワイン業界の最難関資格マスター・オブ・ワインの受験に求められる要件ともなっている。世界に9000人以上の有資格者がいる。「DipWSET」の称号を使える。
 式典には、ロンドンのギルドホールに500人以上の関係者が集まり、WSETの名誉会長のスティーヴン・スパリュアとチーフ・エクゼクティヴのイアン・ハリスが司会を務めた。ジャンシス・ロビンソンMWや病気が伝えられるジェラール・バッセMWも元気そうな姿で出席した。世界の受験生は15年連続で増加していて、2016/17年は8万5000人以上にのぼった。中国の増加が著しく、上海から8人、北京から11人、香港から36人が合格した。あらゆる単位を通じて最高成績を収めた「Vintners’ Cup and Scholarship」は、Debt Capital Marketsのモリッツ・ミューラ・ヴァイス・プレジデントだった。
 日本で認定試験を実施するキャプラン・ワインアカデミーが把握しているDipWSETを有する日本人は36人。実際には海外在住者も存在するため、WSETのホームページで名前を手掛かりに探した有資格者のブログによると、60人近い日本人資格者がいると見られる。ロンドン在住の田中麻衣MWは2008年、日本在住の大橋健一MWは2006年にディプロマを取得している。
 今回日本から合格した12人は以下の通り(敬称略)。

浅賀章隆
Ettre Donadeo(エットレ・ドナデオ)
金川智彦
川口梓
川上幸一
Masao Kobayashi
丸尾眞
オースタン紗知子
佐藤昌彦
Satoshi Takizawa
手塚功一郎
矢代将史

全合格者はこちら http://graduation.wsetglobal.com/graduates/

関連記事

(C)WSET

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP