世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 2018年シャンパーニュ出荷量、輸出がフランス国内向け初めて上回る

2018年シャンパーニュ出荷量、輸出がフランス国内向け初めて上回る

  • FREE


 シャンパーニュ委員会が11日、2018年の出荷数を正式に発表した。前年比1.8%減の3億200万本となった。フランス国内向け出荷が減少したのが大きな要因で、輸出市場向け出荷量が、半世紀以上にわたる歴史の中で初めて国内向け出荷量を上回った。出荷額は、市場最高を記録した2017年の49億ユーロ相当と見られる。


 輸出先別のデータは3月中旬に発表されるが、フランス向けは4.2%減の1億4700万本。これは需要が最も高まる11月末から12月にかけて、6週間にわたり行われたデモで、消費者心理が冷え込んだためと見られる。


 トップ輸出市場の英国を抱えるEUは0.9%とわずかに減少し、7600万本となった。これに対して、EU以外の外国向け出荷数は2.1%増で、約7900万本に達した。EU以外の輸出市場はこの10年間で着実に伸び、トータルで90%の成長率を示している。輸出市場向け出荷量は計1億5500万本で、総出荷量の51.3%に達した。


 シャンパーニュの出荷量は、50年以上にわたり、国内向けが輸出向けを上回ってきた。フランスのシャンパーニュ消費は戦後、発展してきたが、2000年代半ばから減少に向かった。シャンパーニュ委員会の2017年レポートによると、総出荷量は約3億730万本で、国内向けが約1億5380万本だったのに対し、輸出向けは1億5350万本とほぼ同じだった。2018年は国内と輸出の構図が逆転する歴史的な転換点となった。


 伝統的市場のフランスとEUの消費が停滞あるいは減速しているのに対し、米国、日本、オーストラリアなどの新興市場は着実に成長している。伝統市場でノンヴィンテージなどエントリーレベルのシャンパーニュが減少傾向にあるのに対し、新興市場はプレスティージュキュヴェやロゼの比率が高まっている。

 

 フランスでは、直売比率の高いレコルタン・マニピュランが苦戦し、5%減少した。シャンパーニュ販売の半分を占めるスーパーマーケットで、スパークリングワインの値下げ競争が激しく、利ザヤの大きいプロセッコ、カヴァ、クレマンの販売に向かっているという見方もある。


 日本は2017年の出荷で初めて、金額・数量ともに3位になった。シャンパーニュの種類別にみると、NVとヴィンテージを合わせたブリュットが全体の68.7%を占めたが、高額なロゼが11.8%、プレスティージュキュヴェが9.6%を占め、金額を押し上げていた。
 
 

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP