世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 2020年の日本向けシャンパーニュ輸出量は24.5%減

2020年の日本向けシャンパーニュ輸出量は24.5%減

  • FREE

 2020年の日本向けシャンパーニュ輸出量は、前年の1430万本より24.5%減少の1080万本だった。輸出額は2019年の3億5470万ユーロから24%減の2億7080万ユーロ。シャンパーニュ委員会が通関ベースの最終的な統計として発表した。


 2016年の日本向け輸出量は1090万本で、2020年とほぼ同じ水準。シャンパーニュ委員会日本支部によると、日本市場はホテル・レストランなどオンプレミスは落ち込んだが、電子商取引がそれをカバーし、大幅な減少を食い止めたという。


 全世界向け出荷量は17.9%減の2億4500万本。トップ輸出市場の米国は18.8%減少の2083万本だった。


 シャンパーニュを種類別で見ると、その比率は2019年と大きな変化がない。ノンヴィンテージは62.4%で、2019年の63.6%から微減。米国と並んで世界的に多いプレスティージュキュヴェは量で10.9%、金額で31.9%とこれも大きく変わらない。

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP