世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. カベルネのトップコンサルタント、トーマス・リヴァース・ブラウンの造るエレガントなピノ・ノワール

カベルネのトップコンサルタント、トーマス・リヴァース・ブラウンの造るエレガントなピノ・ノワール

  • FREE

 カリフォルニア・ナパヴァレーのトップコンサルタント、トーマス・リヴァース・ブラウンが、冷涼なソノマコーストで妻マリーと共に造るピノ・ノワール「リヴァース・マリー」を引っさげて初来日した。力強いカベルネ・ソーヴィニヨンの名手のイメージがあるが、引き締まったピノ・ノワールを醸している。
 トーマスは約40社のトップワイナリーのコンサルタントを務める。シュレーダー・セラーズ、アウトポスト、マイバッハで計20回のパーカーポイント100点を獲得したが、リヴァース・マリーでは一度もない。フィリップ・メルカ、アンディ・エリクソンらと並ぶ凄腕コンサルタント。1994年にヴァージニア大を卒業して、レストランで1年半ほど給仕の仕事をして、ナパヴァレーに移った。カリストガの「オール・シーズンズ・ワインショップ」の試飲グループで、アローホ、コルギン、ブライアントなどのカルトワインを飲んで経験を蓄える中で、ターリー・セラーズのエレン・ジョーダンに出会い、97年、アシスタン・ワインメーカーに雇われた。
 このワインショップは初期にはスティーブ・キスラーやヘレン・ターリー、マーク・オベールらが集った伝説的存在。トーマスが、アン・コルギンと離婚したフレッド・シュナイダーと知り合ったのもここ。2000年からシュレーダーが新たに興したシュレーダー・セラーズのコンサルティングを始めて、名を上げた。
 夫婦の名前を冠したリヴァース・マリーを始めたのは2002年。重厚なカベルネ・ソーヴィニヨンを造っているが、好きなのはピノ・ノワールなのだという。
 「ワインの理解が進むにつれて、ピノ・ノワールが好きになった。軽い味わいだし、アルコール度も低い。帰宅すると、ピノ・ノワールやシャンパーニュをよく飲む。シャンパーニュではセロス、フィリポナのクロ・デ・ゴワセ、セドリック・ブシャールが好きだ。アルマン・ルソーは地上で最も偉大なドメーヌの一つ」
 ソノマ・コーストの中で、太平洋に近い冷涼な産地はトゥルー・ソノマ・コーストと呼ばれる。リヴァース・マリーはその中でも、トーマスが「最も涼しい」と認めるオキシデンタル地区の畑を主体にしている。太平洋に近く、内陸のロシアン・リヴァ・ヴァレーやグリーン・ヴァレーより涼しい。スティーブ・キスラーも新プロジェクト「ジ・オキシデンタル」を2013年に興した。
 リヴァース・マリーは、伝説的なスーマ・ヴィンヤードのブドウを2002年に購入するチャンスを得て、130ケースから始めた。ハーシュ・ヴィンヤードと同時期の1978年ごろに植えられ、ウィリアムズ・セリエムによって有名になった畑だ。オキシデンタル地区の3つのピノ・ノワールを試飲したが、最初に飲んだのは、そのフラッグシップ「ピノ・ノワール スーマ・オールド・ヴァイン 2013」である。
 樹齢は約40年。抑制されていて、プラム、ブラッドオレンジ、ドライハーブ、きめ細かな酸が際立っていて、タンニンはなめらかで洗練されている。オキシデンタルの丘に立った時に吹いてくる海風を思い出させる。冷涼感があり、フィニッシュはミネラリー。除梗しているが、全房発酵を連想させる複雑なアロマと骨組みがある。深いゴールドリッジ土壌から熟度と高い酸が得られるという。95点。1万3000円。
 「ピノ・ノワール オキシデンタル・リッジ・ヴィンヤード 2013」はレッドベリーにダークベリーが混じり、太いタンニン、果実のヴォリューム感としっかりした骨組み。広がりのあるミッドパレット、うまみが豊かでフィニッシュは正確。重さはなく、口中をフレッシュにしてくれる。全房発酵を10%導入したが、茎っぽさはない。94点。8800円。
 「ピノ・ノワール シルバー・イーグル・ヴィンヤード 2013」はダークベリー、ブラックカラント、シナモン、アーシーで、果実は凝縮されているが、酸はしっかりとあって、暑さを感じない。ふくらみはあるが、フィニッシュはきちんと焦点があっている。スーマより内陸に入る。ソノマのトップ栽培家ユリシーズ・ヴァルデスが所有する畑のカレラ・クローンのブドウから造る。94点。9000円。
 「オキシデンタルは海に近い西に行くほど涼しい。スーマは太平洋まで約16キロ。早摘みしなくても、アルコール度は12%台から13%台半ばにおさまる。スーマの収穫時のPHは3.5と低い。茎っぽいのはきらいだから除梗するが、2013年は暑かったので。オキシデンタル・リッジは10%だけ全房発酵を入れた」
 リヴァース・マリーのピノ・ノワールは100点はとれず、最高で94点どまり。オベールやマーカッサンとは一線を画す抑制されたスタイルで、そこが高得点がとれない理由だろう。逆に言えば、日本人のパレットには合うブルゴーニュ・スタイルのピノ・ノワールである。
 エレガンスを求める感性は、カベルネにも反映している。「カベルネ・ソーヴィニヨン パネク・ヴィンヤード 2014」は、向こうが見通せない黒い色調、摘みたてのブラックベリー、桑の実、ココアパウダー、生き生きした果実とフレッシュな酸がバランスをとっている。凝縮しているが、宙に浮くような軽やかなフィニッシュ。十分に長い。セントヘレナAVA。「2014は2013よりエレガントで、今が飲み頃」とトーマス。96点。1万6000円。
 トーマスがコンサルタントしているシュレイダー・セラーズも試飲した。「シュレイダー・セラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン ベックストファー ト・カロン・ヴィンヤード RBS 2013」は驚くほどピュアな果実、ミネラル・ウォーターのようになめらかなタンニン、鉛筆の芯、甘草、炭、黒鉛、ナパのカベルネの典型的な香りとしっかりした骨組みを備えるが、抽出は優しい。エキスがあふれんばかりで、長大なフィニッシュにタバコ、なめし革のトーン。巨大な塔のようなワインだが、グラスを飲み干したいと思わせるフィネスがある。97点。6万9500円。
 「オークヴィルにあるト・カロンは見た目は普通だが、土壌が違う。水はけがよくて、大雨が降った後も水たまりができない。それが酸とブルーベリーのアロマをもたらす。アンディ・ベックストファーのブドウはおそらくナパヴァレーで最も高い。トン当たり3万9000ドルもする」
 カルトワインからエレガントなピノ・ノワールまで守備範囲の広いトーマス。正式な教育は受けていないが、現場でフェイラのエレン・ジョーダンから学んで、メソッドを築いた。収穫時はポルシェのカイエンやアストン・マーティンを駆って、ナパを走り回るアクティヴな男だ。
 輸入元は中川ワイン。

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP