世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. Liv-ex初の世界格付け、トップはロマネ・コンティ

Liv-ex初の世界格付け、トップはロマネ・コンティ

  • FREE

 市場の取引価格に基づいてボルドーの格付けを行った英国の高級ワイン取引プラットフォーム「Liv-ex」が初めて、ボルドー以外の世界のワインを対象にした格付けを発表した。1級の上位は予想通り、DRCのワインが占め、ブルゴーニュ勢が優勢な中で、カリフォルニア・カルトのスクリーミング・イーグル、ヘンチキのヒル・オブ・グレース、クリスタル・ロゼも1級にランクインした。
 市場で十分な流通量があり、12本入りケース当たり最低250ポンドのワインを対象とした。フランス(ローヌ、シャンパーニュ、ブルゴーニュ)、イタリア、スペイン、米国、オーストラリア、チリの6か国が格付けに入り、1級の19銘柄のうち13銘柄はブルゴーニュのドメーヌが占めた。DRCのロマネ・コンティからグラン・エシェゾーまで5銘柄に混じって、スクリーミング・イーグルが3番手につけた。メルロのスーパータスカンのマッセート、スペインのピングス、ペンフォールズのグランジなど、二次市場でボルドー1級と同等かそれ以上の価格で取り引きされる各国のワインも1級にランクインした。
 2級の37銘柄には、ローヌのギガル単一畑、ガヤ、ジャコモ・コンテルノなどに混じって、チリのアルマヴィーヴァも入った。
 2016年4月30日から2017年5月1日までの取り引きに基づいて平均価格を計算した。1級は2500ポンド以上、2級は688-2499ポンド、3級は438-687ポンド、4級は313-437ポンド、5級は250-312ポンド。
 ルロワやルーミエなどブルゴーニュの有名ドメーヌが生産するグランクリュが格付けに含まれないのは、流通量が十分でないためだろう。ボルドーが高品質を量産していることが改めてわかる。

関連記事

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP