世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. パリのキャビアメゾン「BOUTARY」が東京進出

パリのキャビアメゾン「BOUTARY」が東京進出

  • FREE

 パリにレストランを展開するキャビアメゾンが東京に進出した。現地から直送のフレッシュなキャビアを供するフレンチビストロ&キャビアバー「BOUTARY(ブタリ)」を東京・赤坂にオープンさせた。

 メゾン・ブタリは2012年に創業。当主のシャルル・ド・サン・ヴァンサンが、ブルガリア南部に純度の高い水の湖から、春と秋の2回、キャビアを生産している。パリにレストラン2店を展開する。現地のメゾンが日本で本格的なレストランを開くのは珍しい。

 カスピ海産のキャビアの国際取り引きは2006年、ワシントン条約で禁止されたため、現在は各国で養殖されるキャビアがレストランで使われている。ブタリのキャビアは防腐剤を使用せず、塩だけで保存し、低温殺菌していないフレッシュ・キャビア。賞味期限は短いが、保存期間を延ばすため加熱処理をしたキャビアと違って、新鮮な風味とテクスチャーを保っている。零下2度から2度の低温で、パリ本店から直輸入している。

 ブタリで供されるのはバエリ、スターレット、オシェトラ、ベルーガの4種。グラム単位で食べられ、スプーン1杯のお試しキャビアも1280円から用意されている。

最も少ない量の価格は以下の通り。

バエリ 10g 2560円

スターレット 10g 2900円

オシェトラ 25g 8700円

ベルーガ 25g 16100円

 スターレットとオシェトラを試食した。最初は単体で、2回めはシャンパーニュのビルーカール・サルモンNVと合わせて。素のままで食べた方が素性がよくわかり、シャンパーニュで風味と脂っこさを流してから口にふくむと、潮っぽいミネラル感を帯びた繊細なハーモニーが広がる。低温殺菌したものより塩気は強いが、テクスチャーがはっきりしていて、味と香りの広がりがある。

 スターレットは余韻が長く、磯の香と栗のペースト、まろやかなテクスチャー。オシェトラは階段を三段跳びするくらいのレベルの差がある。味わいのヴォリューム感があり、香りも複雑。海底に舞い上がる砂、カキ殻、ウニ、ヨード香、熟成した白ワインに通じるナッティな風味。焦点のあったテクスチャー。うまみにあふれ、味と香りが縦に伸びる。余韻ははるかに長く、ジリジリと続き、唇に塩気が残る。

 マッシュポテトとレモンクリームにバエリを載せたスモーキーなスペシャリテ(1800円)は、酸味と柑橘の香りがキャビアを包み込み、シャンパーニュとともに楽しむと、ミネラル感が相乗する。2皿にキャビアがつくデイナーコースは7500円。

 パリ店で働いていた支配人の菊地慧さんは「日常の中の非日常を演出したい。毎日は食べられなくても、週1回のご褒美ランチや記念日ディナーなどで、キャビアを楽しんでほしい。ディナーの前に、キャビアだけつまむ0.5次会やパーティの使用もお待ちしています」と語っている。

 料理は軽い食感のモダンタッチで、ワインリストも気がきいている。

 地下鉄の赤坂駅、赤坂見附駅の中間で、いずれからも4、5分。東京都港区赤坂5-1-29 富士屋ビル1階 http://boutarytokyo.gandi.ws/

スターレット(右)とオシェトラ
スペシャリテのマッシュポテト、キャビア、レモンクリーム
ハウス・シャンパーニュはビルカール・サルモン
支配人の菊地慧さん
ランチのチキン

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP