世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 先端の専門家が注目、火山島テネリフェの奇怪な風景……カナリア諸島探訪(1)

先端の専門家が注目、火山島テネリフェの奇怪な風景……カナリア諸島探訪(1)

  • FREE

 島のワインは面白い。シチリアやサントリーニ、NZワイヘケ島などを訪ねてきたが、独自の生態系や気候が保たれ、土着品種が生き延びている。ヨーロッパで近年、感度の高い専門家の注目を集めているのが、ポルトガルのアゾレス諸島やスペインのカナリア諸島だ。カナリア諸島はいま、スペインで最もエキサイティングな産地と評する評論家もいる。1月半ば、パリからマドリッド経由で、大西洋に浮かぶ島々に飛んだ。


 カナリア諸島はアフリカ大陸北西部のモロッコの沖合い110キロの大西洋に、7つの島が点在している。マドリッドから、諸島で最大のテネリフェ島まで約3時間。グアムなどリゾート・アイランドに飛ぶ飛行機のようなのんびりした空気が漂っていた。1月にもかかわらず、アロハシャツの中高年カップルの姿が目立つ。ブルゴーニュからダウンコートで駆けつけた自分は、ずいぶんと場違いな存在だった。


 空港からホテルのあるカンデラリアまで、海沿いの道路は、カリフォルニア南部のサンタ・バーバラを思い出させた。所々にフランス系の大型スーパーがあって、こちらの方がむしろ開発が進んでいる。ホテルの中では、高齢のカップルが昼からビールやワインを飲んで、ダンスし、プールサイドで寝そべっている。ハワイのようだ。バスが団体客を次々と運んでくる。


 カナリア諸島はスペインの自治州。東からランサローテ(Lanzarote)、フエルデベントゥーラ(Fuerteventura)、グラン・カナリア(Gran Canaria)、テネリフェ(Tenerif)、ラ・ゴメラ(La Gomera)、ラ・パルマ(La Palma)、エル・イエロ(El Hierro)の7つの島からなっている。

 

 それぞれの島はプロペラ機で30分-2時間のフライトで移動できる。スペインのカスティーリャ王国が15世紀に征服してスペイン領となった。新大陸へ航海する際の補給地となった。新旧世界の中間点とも言える。カナリアの原産地でもある。きれいな声を響かせているレストランもあった。


 噴火した火山の島々で構成されている。ブドウ畑には風化した溶岩や火山灰が堆積した土壌が広がる。スペイン本土は地中海性気候の影響を受けているが、大西洋にぐるりと囲まれた島々は亜熱帯性で、季節の寒暖差は大きくない。降水量は一般的に少ない。湿気を含んだ海風が吹き付ける。


 テネリフェ島は世界で3位のスケールを有する火山島だ。ここを訪ねたら、まずはテイデ山(Pico del Teide)を登らねばならない。標高3718m。大西洋の島にある山としては最高峰である。山と周辺のテイデ国立公園はユネスコの世界遺産に登録されている。ほぼ2速ギアをホールドして2時間近くかけて、スカイラインを登っていく。


 ロープウェイのある頂上付近の光景は、陳腐な表現だが、まるで火星のようだ。正確には、SF映画で見た火星のイメージそのものの風景が広がっている。噴火が作り出した火山岩が奇怪な地形を造形し、足元に風化した砂やゴツゴツした岩や石が転がっている。灰色の砂、熱で変形した赤い岩、黒ずんだ石……暗い色調は不気味でもあり、幻想的でもある。生命体がいるとは思えない無機的な広がりだが、トカゲが足下を駆け抜けていく。この火山が生んだエネルギーと生成物が、テネリフェのブドウ畑に大きな影響を与えている。


 スペインが大航海時代に入った15世紀、カナリア諸島では、マデイラと同じく、マルバシアの甘口ワインが好まれていた。時代の変化によって辛口白ワインに変化した。ミネラル感に富む土壌と標高の高い畑は、酸の豊かな辛口白ワインに適している。赤ワインも造られているが、カルボニック・マセラシオンも使うイージー・ドリンキングスタイルが多い。


 カナリア諸島では、国際品種を見かけることはめったに無い。隔絶された環境ゆえ、フィロキセラの侵入はなくブドウはすべて自根で栽培されている。

 

 主要なブドウ品種は、白ブドウがマルバシア(Malvasia)、リスタン・ブランコ(Listan Blanco)、マルマフエロ(Marmajuelo)、ビハリエゴ・ブランコ(Vijariego Blanco)。リスタン・ブランコは別名パロミノ (Palomino)。シェリーに欠かせない品種だが、カナリア諸島で重要なブドウだ。


 黒ブドウは、リスタン・ネグロ(Listan Negro)、ネグラモル(Negramoll)、ビハリエゴ・ネグロ(Vijariego Negro)などがある。リスタン・ネグロは最も栽培面積の広い赤ワイン品種で、ボジョレーのような軽いスタイルに仕上げられる。


 原産地統制呼称(DO)は1990-2000年代に認可されて、現在は10。テネリフェ島だけは、以下のように5つのDOが存在する。


・Tacoronte-Acentejo(タコロンテ・アセンテホ)

・Valle de la Orotava(バリェ・デ・ラ・オロタバ)

・Valle de Guimar(バリェ・デ・グイマール)

・Ycoden-Daute-Isora(イコデン・ダウテ・イソラ)

・Abona(アボナ)


そのほかの島のDOは以下の通り。


・Lanzarote(ランサローテ)

・Gran Canaria(グラン・カナリア)

・La Gomera(ラ・ゴメラ)

・La Palma(ラ・パルマ)

・El Hierro(エル・イエロ)

火星を連想させる風景のテイデ山
テイデ山の山頂
大西洋に浮かぶ火山島のテネリフェ
土着品種が生き延びる
テネリフェ島には5つのDO
7つの島からなる

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP