世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. ブランド神話の復活、シャルル・エドシックの長期熟成NV

ブランド神話の復活、シャルル・エドシックの長期熟成NV

  • FREE
 メゾンのシャンパーニュ造りでは、企業の総合力が問われる。資金力、販売網、宣伝。どれも重要だ。お金がなければ、熟成期間を長くとれない。星付きレストランや高級ショップに常に在庫しなければ、ソムリエや消費者から忘れられる。醸造責任者やアンバサダーが主要な市場を巡回しないと、高いイメージを保てない。
 日本でトップシェアを占めるブランドはそこがうまく回っている。クリュッグ、ドン・ペリニヨン、サロン、ベル・エポック、ルイ・ロデレール。醸造責任者や幹部が年に何度も来日し、プロや消費者向けイベントを開く。ラグジュアリーなイメージと高品質が、市場に浸透している。
 シャルル・エドシックは違う。1985年にレミー・コワントローの傘下に入ってから、販売と宣伝がうまく行っていなかった。スピリッツ事業はシャンパーニュ・メゾンと親和性があるが、エドシックには力を注がなかったようだ。ステファン・ルルー代表は、ラグジュアリー企業のEPIが買収した2011年には「シャルル・エドシックは死にかけていた」と、ドリンクス・ビジネスのインタビューで明かした。現在の成功の出発点は、家族企業の下で独立した販売網を築き、ブランドのことを忘れていた若手ソムリエたちに創業者「シャンパン・チャーリー」の物語を語ることだったという。
 日本でも状況は同じだった。輸入が再開された昨年夏に、ブランドをよく知らないプロが多かった。十数年間も不在だったのだから無理もない。復活したのは、プロモーションの成果もあるが、品質がぶれていなかったのが大きい。先日、トップテイスターたちとブラインドで試飲した際も、おしなべて評価が高かった。

 「シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ」は熟成の長さを感じさせる黄金がかった濃厚な色調、アプリコット、ブリオッシュ、クリーミィなテクスチャー。熟度と酸のバランスに優れていて、きれいに統合されている。チョーキーなフィニッシュは焦点があっていて、ほのかにブラウンバターの香り。開けて3日後に完全に開いた。コアのエキスがある。
 高品質のカギは熟成期間の長さだ。ベースとなる収穫年は1年前が2007年だったので2008年だろうか。大手メゾンの現行NVのベースは通常は2012年以降だから、最低4年は長い。リザーヴワインの比率は40%。5-15年間熟成した10以上のヴィンテージのリザーヴをブレンドする。クリュッグのグランド・ヴィンテージと同じく、マルチ・ヴィンテージと言ってもおかしくない。ドザージュはリットル当たり9グラム前後。少ないわけではないが、バランスがとれている。
 キャッシュフローは良くなかった時期に仕込んだはずなのに、手抜きがない。市場にあるノンヴィテージの中で最も明確に熟成感を感じられる。大手メゾンのNVを集めて比較すると、その違いがよくわかるだろう。

2016年8月6日 自宅で

シャンパーニュ シャルル・エドシック ブリュット・レゼルヴ
94点
価格:7500円
輸入元:日本リカー

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP