世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. 2人の女性ワインメーカー含む10人の新MW発表、30か国に計380人に

2人の女性ワインメーカー含む10人の新MW発表、30か国に計380人に

  • FREE
 マスターズ・オブ・ワイン協会は31日、10人の新マスター・オブ・ワインを発表した。ギリシャ人で初めての女性ワインメーカーとスペイ・ベースで初めての女性ワインメーカーが加わった。これで、ワイン業界最高峰の資格保有者は30か国に計380人となった。Thomas Parker MWは最年少MW。

新マスター・オブ・ワイン(本拠)は以下の通り。10人のうち6人が女性。

Almudena Alberca MW (スペイン)
Barbara Drew MW (英国)
Olga Karapanou Crawford MW (米国)
Regine Lee MW (英国)
Elsa Macdonald MW (カナダ)
Thomas Parker MW (英国)
Lindsay Pomeroy MW (米国)
Nicolas Quille MW (米国)
Job de Swart MW (オランダ)
Tim Triptree MW (英国)

 Almudena Alberca MWはスペインで初めての女性MW。ニュージーランドを経て、スペインに戻り、リベラ・デル・ドゥエロのドミニオ・デ・アタウタで国際的な評価を得た。2015年から、リベラ・デル・ドゥエロ、ルエダの大規模生産者ヴィーニャ・マヨールの技術責任者を務め、リアス・バイシャスなどのブランド開発、マーケティングも行っている。

 Olga Karapanou Crawford MWはナパヴァレーにベースを置くワインコンサルタント兼ワインメーカー。ギリシャ人としては3番目で、ギリシャの女性ワインメーカーとしては初めてのMW。ワイン造りからマーケティング、ワイナリー経営まで幅広いスキルを身に着け、E&Jガロ、マーカッシン・ヴィンヤードなどで働き、現在はペンローズ・ヒルのワインメーキングチームを率い、家族ワイナリーのアハイア・クラウス、アントノ・プーロス・ヴィンヤードのコンサルタントを務める。

 Thomas Parker MWは最年少のMS。オックフォード在学中にファー・ヴィントナーズで一時的に働き始め、2009ボルドー・プリムール商戦に関わり、11年に正式入社した。
Almudena Alberca MW(左)とOlga Karapanou Crawford MW

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP