世界の最新ワインニュースと試飲レポート

MENU

  1. トップ
  2. 記事一覧
  3. DRCで生まれ育った男、ジャン・ルイ・ライヤールのチャーミングなワイン(ブルゴーニュ2018)

DRCで生まれ育った男、ジャン・ルイ・ライヤールのチャーミングなワイン(ブルゴーニュ2018)

  • FREE

 DRCやアンリ・ジャイエとの関連や影響を枕詞に紹介されているブルゴーニュのドメーヌは信用できない。売らんかなの誇張を感じる。ドミニク・ラフォンやルイ・ミシェル・リジェ・ベレール(ドメーヌ・デュ・コント・リジェ・ベレール)が、ジャイエから学んだ話は直接に聞いたが、彼らはそれを売り文句にはしない。


 そんなわけで、ジャン・ルイ・ライヤールも最初は違和感を感じたのだが、それは思い過ごしだった。ジャン・ルイについては、「DRCで生まれ育った」という表現が誇張ではない。両親はDRCで出会い、昔のDRCの醸造所の裏手の家に住んで育った。DRCを遊び場にする子供時代をおくったのだ。


 ヴォーヌ・ロマネのRue des Grands Crusにドメーヌを構えている。斜め向いはDRCのカーヴ、向いはグロ・フレール・エ・スール、数軒先はメオ・カミュゼ。ブルゴーニュの銀座四丁目のような場所だ。グーグルを信用したのが間違いで、D974をはさんで反対の東側の自宅付近をうろうろし、大幅に遅刻してしまった。ヴォーヌ・ロマネに着いたら、ドメーヌの前にだれかが立っている。ジャン・ルイだった。午前9時の気温10度の寒い街頭で30分も待ってくれるとは。温かい男である。


 ジャン・ルイの両親はDRCで40年近く働き、栽培、醸造、出荷を担当していた。ロマネ・コンティの収穫はもちろん、畑の耕作も行っていた。1946年に醸造長と栽培長となったアンドレ・ノブレの下で働き始めた。


 「両親は1952年に馬で耕作をしていた。50年代に馬の耕作は消えていき、トラクターにとってかわられた。2000年代に入って、再び馬で耕すようになった。2度も馬の耕作を経験したんだ」


 まさにブルゴーニュの歴史の生き証人だったのだ。ジャン・ルイの母は、ニュイ・サン・ジョルジュで引退後の余生をおくっている。


 両親はネゴスのトマ・モワラールにバルクでワインを売っていたが、1989年に戻ってきたジャン・ルイが自家元詰を本格化させた。彼はボーヌの農業專門教育センターで、栽培・醸造の教師を務めていた。モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレの醸造長カタルディーナ・リポら、生徒は数え切れないほどいる。理論だけでなく、トラクターの動かし方など現場のノウハウも教えて、多くの造り手に影響を与えた。


 生徒の1人ヴァンサン・パンダヴォワンヌが栽培担当を務める。ヴァンサンは、オスピス・ド・ボーヌのコート・ド・ニュイ地区のマジ・シャンベルタン、エシェゾー、クロ・ド・ラ・ロッシュの3つの畑の栽培担当も務めている。強力なチームだ。


 人の手をなるべくいれないミニマルで伝統的な醸造手法をとる。栽培はビオロジックで、醸造はすべてが手作業。ポンプを使わず、ゆっくりと時間をかけて行う。最初の1、2日は足でピジャージュを行い、発酵の中間でルモンタージュを行う。亜硫酸は控えめで、澱引きは瓶詰め前まで行わないため、ワインは二酸化炭素に守られている。樽熟は13か月間。


 グラスウールの発酵槽で、野生酵母により、ヴィラージュ以外は20-30%ほど全房発酵を行うが、ワインに茎のニュアンスはほとんどない。淡い色調、しなやかなテクスチャー、優しい香り高さを表現している。


 「醸造家はワインをいじりすぎる。いいブドウがとれれば、あとの仕事は簡単だ」


 「確かに。話を聞いていると、DRCのワイン造りと共通する要素が多いですね」


 「DRCの真似をしているのではない。DRCが我々と同じように造っているのさ(笑)」


 白1種、赤4種の計5種を造る。ブルゴーニュACの白と赤は自宅に近いブルゴーニュACの区画から。ニュイ・サン・ジョルジュはLes Saint-JuliensとLes Fleurieresのブレンド。ヴォーヌ・ロマネはLes Mezieres、Aux Champs Perdric、Aux Raviollesの3区画のブレンド。ヴォーヌ・ロマネ・プルミエクリュ・レ・ボーモンは冷風が吹き込むLes Beaux-Monts Haut。計1.5ha。6000-1万本生産のミクロ・ドメーヌだ。


 瓶詰めを間近に控えた2018とまもなく市場に出る2017を試飲した。2018は暑い夏だったため、ピジャージュをせず、煎じるように優しく抽出した。マセラシオン(醸し)期間は2週間弱。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ブルゴーニュ ラ・パキエ 2018」(Domaine Jean-Louis Raillard Bourgogne“Les Paquiers” 2018)は淡いルビー、ツヤのある果実、柔らかくて、シームレス。淡白ではあるが、アルコール度はきちんと確保され、上品なフィニッシュ。87点。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ニュイ・サン・ジョルジュ 2018」(Domaine Jean-Louis Raillard Nuits-Saint-Georges 2018)は繊細で、控えめだがこなれたタンニン、コアにはしっかりと果実がある。優しい抽出だが、ニュイ・サン・ジョルジュらしい骨太な構造を備えている。89点。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ヴォーヌ・ロマネ 2018」(Domaine Jean-Louis Raillard Vosne-Romanee 2018)はストロベリー、野いちご、しなやかなタンニン、果実の広がりとふくらみがある。透明感に包まれたフィニッシュ。熟度が高く、どっしりしたワインの多い2018年にあって、優美なスタイルを崩していない。90点。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ヴォーヌ・ロマネ・プルミエクリュ レ・ボーモン 2018」(Domaine Jean-Louis Raillard Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux-Monts 2018)はラズベリー、レッドチェリー、フレッシュなハーブ、リニアなテクスチャー。ピュアでナチュラル、コンブに近いBeaux-Monts Hautらしい冷涼感と緊張感をたたえている。91点。


 暑い2018に続いて、瓶詰めされた2017を試飲した。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ブルゴーニュ ラ・パキエ 2017」(Domaine Jean-Louis Raillard Bourgogne“Les Paquiers”2017)は茎っぽいタッチがやや目立つが、酸素に触れると統合される。甘やかなタンニンとほろ苦みのバランスがとれていて、チャーミング。うまみの残るフィニッシュ。88点。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ニュイ・サン・ジョルジュ 2017」(Domaine Jean-Louis Raillard Nuits-Saint-Georges 2017)はやや厳格さを伴う骨太なストラクチャー、タンニンがまだ落ち着かないが、果実がしっかりとあり、バランスは優れている。スパイシーで、ほろ苦みがアクセントになったフィニッシュ。89点。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ヴォーヌ・ロマネ 2017」(Domaine Jean-Louis Raillard Vosne-Romanee 2017)はフローラルで、スミレ、レッドベリー、生き生きした果実、すがすがしい酸、バランスがとれていてチャーミング。フィニッシュはリニアで正確。90点。


 「ドメーヌ・ジャン・ルイ・ラヤール ヴォーヌ・ロマネ・プルミエクリュ レ・ボーモン 2017」(Domaine Jean-Louis Raillard Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux-Monts 2017)はフレッシュ感が躍動し、ピュアな果実のうまみが広がる。レッドチェリー、シナモン、酸、タンニン、果実がきれいな三角形を描いている。上品なうまみの乗った味わいが後を引く。92点。


 ジャン・ルイは最後にカーヴの奥から、木箱に入った古いDRCのボトルを持ってきて見せてくれた。1本はラ・ターシュ1956。両親が働き始めた時期のワインだ。もう1本は両親の名前をラベルに入れたリシュブール1991のマグナム。両親の働きぶりに捧げたプライベートボトルだ。DRCとの関係の深さがうかがえた。

 

 ワインの参考上代は、ブルゴーニュ・レ・パキエの3700円に始まり、ヴォーヌ・ロマネ7200円、ヴォーヌ・ロマネ プリミエ・クリュ・レ・ボー・モンで1万1400円と、ヴォーヌ・ロマネ・ベースにしては良心的な価格となっている。

 

 輸出は日本が最も多く、残りはイタリア、ベルギー、スイス、中国、香港。日本で飲めるのはありがたい。日本人がNZワイパラで始めるワイナリーのコンサルタントを務めるから、さらに日本との関係が深まりそうだ。。


 輸入元はVIVIT。

カーヴはヴォーヌ・ロマネの中心にある
栽培担当ヴァンサン・パンダヴォワンヌと
両親が働き始めた時期にDRCからもらったボトル。署名はオベール・ド・ヴィレーヌの父アンリ・ド・ヴィレーヌ
両親の名前の入ったリシュブール1991のマグナム

購読申込のご案内はこちら

会員登録(有料)されると会員様だけの記事が購読ができます。
世界の旬なワイン情報が集まっているので情報収集の時間も短縮できます!

Enjoy Wine Report!! 詳しくはこちら

TOP